追い風

前回の日記からだいぶ経ってしまいました・・・


色々ありました。色々。色々あったんですw



引っ越してその後、


婚約者と二人でお店を始め、(一年前)


結婚し、(8ヶ月前)


下田の夏を乗り越え、(繁忙期)


下田の冬を乗り越え、(閑散期)


桜が咲き始め、今に至ります。




今のこの時期は、


花粉、季節の移り変わり、ストレス、


などの影響か


毎年調子が悪い旦那氏。


今日も早くにばたんきゅー。




一人でゆっくりお風呂に入り、


湯船に浸かったり出たり、浸かったり出たり・・・


何度も繰り返してリフレッシュ!


モヤモヤぐるぐるしていた考えがまとまってきました。


風呂は命の洗濯よ!


名言ですw




今までは何をやっても向かい風。


うまくいくことなんてなかった。


そして焦り、自己嫌悪に陥り、引きこもる。


その繰り返し。


その度に響いてくる、親から昔に言われた言葉


「お前は何をやってもダメだ」


それが聞こえるたびに、


やっぱり私は何をやってもダメなんだなぁ


と思っていたのでした。。。



でも、どうやらこの過疎地に来たのも


その過疎地で今の旦那氏と出会えたのも


運命


だったのかもしれません。


クリスチャン的には


導き


ですね。



一人っきりで移住して、


安定した仕事についているわけでもなくて、


助けてくれる知人や友人がいるわけでもなかったのに、


何故か感じていた平安。


約三年前に書いたこの日記は、


今のこの時を予期して書いたのかもしれません。



色々ありましたが、


最悪の状況から、


毎日キレながらも、


二人で試行錯誤を繰り返し、


たまに信頼できる相談役にアドバイスをもらいつつ、


始めたお店は、


多くの人を喜ばせ、


早くも軌道に乗り始めたような、


追い風が来たような、


そんな感じがします。




このためにここに来たんだ。


このためにこの人と出会ったんだ。


きっとこれからもっといい未来があるんだ。




やっと、そう思えるようになりました。




何をやっても向かい風、


焦りと不安の中、


がむしゃらに走り続けた20代。


いろんなものを探して、


いろんなものを見て、


いろんなものを学んで、


擦り切れながらも


きっとたくさんのものを得て来た20代。




30代ももう半ばになってしまったけど、


今までの経験を無駄にしないためにも、


自分を信じて、前に進んでいこうと決めました。



今でもいろんなものを探して、見て、学んで、


とやっているのですが、


それは不安だからなんだろうなって思いました。



ちょっとどうしたらいいのかわからなくなって、


お風呂で、心の中で祈ってみました。


すると、なんかスッと心が軽くなったのです。




「もうそういうことをしている場合じゃない」


「自信持って前に進めばいいんじゃないか」


と。




知識を詰め込むことも大事だけど、


実践していくほうがもっと大事。


自信がないからって学び続けていたらもったいない。


今は、実践する時だ!


って思いました。



自営業。


夫婦経営。


それは大学時代に望んでいたこと。


それが今、叶ってる。




望んでもそのスタートラインに立てる人は少ないし、


スタートラインに立てたとしても、軌道に乗る人は少ない。


だとしたら、


その少ないチャンスを今つかめているのなら、


手放しちゃいけない。


脇目をふっている場合じゃない。



自信を持って、進むんだ。


一人じゃ何をしてもダメだったかもしれない。


でも、二人ならできることはたくさんある。


そして、みつよりの糸は簡単には切れない。




バレンタインに愛を込めて・・・


0コメント

  • 1000 / 1000

Miya Sawaki

澤紀美弥(さわきみや) 昭和生まれの三十路。 人一倍強い感受性ゆえの生きづらさ。 横浜で20年、東京で12年煮詰まる。 2009年4月、コネで大手優良企業に就職するも 肌に合わず鬱になり休職&復職&退職決心。 2015年夏、勇気を出し一大決心。 同年12月22日、誕生日に下田に移住し 人生のパートナーと出会い、模索しながらも 第二の人生を自分らしく生きる日々。